アニメのフリクリが意味不明

【フリクリ】意味不明なんだが…

アニメフリクリが意味不明

アニメフリクリが意味不明だろ。

 

 

ただこういうアニメがあるっていうのも知っていて。
アニメでしか表現できないっていうのも知っているので…。

 

 

似たような系列でいえば、少女革命ウテナの監督系のやつ。
輪るピングドラムとかがそうだと思う。

 

 

ただなんていうか。
フリクリっていうのは、夢を表現したようなものな気がする…。

 

なんか夢って細かいことは無視して。
大雑把に進むわけなんだけど。
フリクリはそういうのを感じたかな。

 

 

 

 

 

はじめの10分だけおもしろかった

なんかはじめの10分だけは、主人公の小学生と。
なんか不良系なのかマドンナ系の中学生か高校生が一緒にいて。
あーだこーだだと思ったんですけど。

 

 

そこに変な宇宙人っぽい人がでてきて。
ここからもう夢の世界…。

 

 

いや、ちょくちょく笑えるシーンがあるんだけど。
ほんと、夢を映像化したような作品だな…。

 

細かいことは気にせず。
大雑把な感じで
「新鮮だ!」
と言えるのならアリかと…。

 

 

でも、結局こういうのって、古くてもおもしろいものはおもしろいもので。
ストーリーがしっかりしていればどうにかなるんだけど。

 

これは意味不明だから。
ちょくちょく笑えるシーンがあるんだけど、ストーリーがわからないので。
その笑えるシーンが終わると、また冷めた感じになってしまうわけで…。

 

 

ただ、なんか評価されるのもわかる気がする。
自分もたまに
「おもしろい夢を見たいな」
ってことを思ったりするので…。

 

意味不明でも、大雑把な感じで
「細かいことはどうでもいいんだよ!」
みたいな、小島よしおみたいな感じ?

 

 

というか小島よしお、消えたなぁ。
「そんなの関係ねぇ」
だっけ。

 

もうそのギャグから消えたなぁ。

 

 

話を戻して、フリクリっていうのは。
そういう大雑把に見る気持ちが大事なのかと。

 

ストーリーはなにがなんだかわからない。
でも大雑把にみると
「なんか見ていておもしろい」
と思えるのならアリなのかも。

 

 

 

 

 

管理人の感想

いや、さっきも書いたけど。
最初の10分は
「これ、おもしろかも」
って思ったんだけど。

 

もう1話の半分あたりから、もうなにがなんだか。
ついていけないというか。

 

 

少女革命ウテナや輪るピングドラムについていけるのならフリクリもいけるかも。
自分も少女革命ウテナは半分ぐらいまでは楽しく見れたんですけどね。

 

 

でも、アニメって楽しいものは。
わかりやすいストーリーは必須だと思う。

 

いや、ありきたりなストーリーは凡作ですけど。
わかりやすいストーリーは必須かと。

 

 

最近、僕のヒーローアカデミアを見て
「え?ナルトのパクり?」
みたいなことを思ったので。

 

というか、なんでナルトもヒーローアカデミアも仲間で戦うシーンばっかりなの?
半分以上仲間内で争っていないか?

 

これはありきたりなストーリーの凡作かと。
わかりやすくても、ありきたりなストーリーの凡作かと。

 

たぶん、魅力的な仲間キャラを作れても。
魅力的な敵キャラを作れないのかな…。

 

ナルトで一番の魅力的な敵キャラはザブザだった気がする。
まぁオロチマルもがんばっていましたけど。

 

 

でもそれらの作品でもフリクリと比べると。
わかりやすい分だけ、僕のヒーローアカデミアのほうがちょい上な気がする。

 

 

でも、なんとなく思うんだけど。
フリクリとか、廻るピングドラムとか、しっかり見ればわかったりするものなのかなぁ。

 

自分がぼんやり見ているだけで、理解できないだけなのかも。
いや、そんなわけないでしょ。

 

 

なんか作っているほうも
「察しろ!」
みたいな感じで作っている気がして。

 

こういうアニメは一部の人は高評価しても。
実際に見たら、意味不明すぎて評価できない気がする。

 

 

たぶんフリクリと逆に位置するアニメが
【ぼのぼの】
なのでは。

 

そして自分的には、ぼのぼののほうがフリクリより笑える点も多いと思うんだけどなぁ。

 

 

でも、フリクリを見ている層は、ぼのぼのなんて見る前から
「つまらない」
って決めつけそうな感じで、そこが残念な気が…。

 

 

フリクリはつまらないわけではなく。
意味不明すぎる気がする。

 

ストーリーがついていけないというか。
ついていけないような作品に仕上げているというか。

 

他人の見る夢なんて、他人が理解しようとするほうが無理なわけで…。

 

 

もし
「自分の夢をアニメ化しよう!」
ってなったら、こんな感じになるんだろうなぁ…。

 

黒澤明も夢っていう作品をスピルバーグと共同で作っていましたけど。

 

 

なんか、そういうストーリーとか特に深くもないけど。
「なんでもありな映像を実際に作ってみたい!」
って思ったりして。

 

それがアニメで言えば、フリクリだったりする気がする。

 

 

自分も最近、昔のクラスメイトが運転するバスが猛ダッシュして。転倒して。
窓から吹っ飛んで宙に浮いて、木にしがみついてなんとか生存!
みたいな夢を見ましたからね。

 

それを映像化したら、そりゃすごいでしょ。
ほんと、あの宙に浮いた瞬間の感覚はすごかったわ。

 

 

いろいろ書きましたけど。
フリクリ。

 

意味不明でしたけど。
笑えるシーンは30分に1回ぐらいはあるかと。

 

ゆるいギャグシーンでも笑える人なら。
ずっと笑っていられるのかも…。
でもそれならボーボボやてーきゅうでいいだろ。

 

いや、てーきゅうのほうがまだ意味が分かると思うんだけど。

 

 

あ、またなんか否定みたいな文章になってしまいましたけど。
フリクリは
【意味不明だけど、たまに笑える】
こんな感じ。

 

自分的にはみなくていいアニメかと。
いや1話だけなら見るべきかも。


ホーム RSS購読 サイトマップ