ダイノキングビクトリー攻略

【メダルゲーム】ダイノキングビクトリー攻略

ダイノキングビクトリー攻略

ゲームセンターのメダルゲーム。
ダイノキングビクトリーを攻略します。

 

 

個人的にはこのダイノキング系のメダルゲームはいまいちなゲーム(ダイノキング2、ダイノキング3とか)が多いイメージでした。
反対に高齢者の人たちには、自分はイマイチだと思っていたゲーム(ダイノキング2とか)が好まれている印象でした。

 

つまりダイノキングビクトリーは、高齢者にとってはやや複雑なところがあるのだと思います。
たしかに自分も最初プレイしたときは、仕様がよくわからないところがありました。

 

 

 

ダイノキングビクトリーの基本

ダイノキングビクトリーの基本はスロットでメダルを増やすことになります。
もちろんJPルーレットでJPがでれば大きくメダルが増えますが、JPルーレットはおまけと考え。
基本はスロットでメダルを増やすゲームです。

 

 

なのでスロットが揃えば増えますし。
スロットが揃わなければ、JPルーレットでJPでも当てない限りは増えません。

 

最近のゲームは、スロットがおまけで、メインがJPを当てることとなっています。
高齢者は基本こういうゲームが好きな気がします。

 

 

ダイノキングビクトリーのいいところは、スロットが揃えば通常時でもメダルが増える可能性があることです。
なので、見た目まったく期待できなさそうな状態のサテライトでも、スロットが揃ってやめどきがうまければメダルが増える可能性はあります。

 

 

ダイノキングビクトリーはチャッカーストック同色があたりになる特徴があります。
これは言葉で説明するとややこしいので、実際にプレイをして理解してください。

 

このストック同色があたりになる特徴があるので
【リーチがきたら、同色チャッカーにメダルを入れる】
というのが一番のテクニック(ゲーム要素)になると思います。

 

同時に求められるのが、
【待ちの我慢と、メダル投入の勢い】
です。

 

 

おそらくストックは最大11個貯められるわけで。
1個のところからリーチがきて、同色ストックを+10個いれれば最高です。

 

もし8個ぐらいストックが溜まっていたら、残り2,3個ぐらいになるまでメダルの投入を控え。
リーチがくるかどうかを待つ我慢が必要なゲームに感じます。

 

もちろん、リーチが来た後に当たるのかどうかはわかりませんし。
リーチが来た後に、大量にメダルを入れても同色チャッカーにメダルを入れることができないパターンもあります。

 

 

でも、考えてみてください。
もし残り1個ストックでDがあたって、そこで同色ストックを+10個入れることができれば、最低で550枚は当たるはずです。

 

550枚といえば、たしかにJPの枚数には劣りますけど。
大きな払い出しには間違いないです。

 

 

大きいのは、このダイノキングビクトリーはあたりメダル(WINメダル)払い出しが、自分でメダル投入したところからと同じなので。
550枚あたったというのは、550枚のメダルを馬鹿入れしたのと同じことになります。
グランドクロスや海物語の別払い出しがあるあたりとは別物だと考えていいと思いますね。

 

 

 

 

 

スロットのDはJP並みの価値があると思うべき

スロットのDは50枚メダルとなり、これに同色チャッカーがあればそれだけの数が+50枚になります。
あたった後にクリティカル(背景が金色)がでれば+20枚ですから、1回に70枚のあたりになることもあります。

 

 

このスロットのDはなかなかこないですが。
JPと比べれば、かなりの頻度ででてくるイメージです。
2日プレイすれば、1回ぐらいは見かけます。

 

逆にJPとなると、2日プレイしても1回もJPに行かないっていうのは当然ですよね。

 

 

たしかにJPがでれば1000枚以上の払い出しになると思うので、スロットのD揃いと比較するのはどうかと思います。
でも、JPルーレットで50枚や100枚ばかりのことを考えると、Dスロットの50枚は破格です。
青10枚、緑20枚、赤30枚と、10枚きざみだったのに、Dは50枚になるところも魅力です。
40枚どこいった?

 

通常時でもDが揃うことはあるので、うまくいけば一気に300枚ぐらいのWINメダルをゲットすることもできます。

 

 

ただ注意したいのは
【Dが揃ったからといっても、放出期だとは限らない】
ってことです。

 

個人的には、まったくスロットが揃わず回収期だと思っていたら。
お情けな感じでDが揃ったりするパターンが結構ありました。

 

 

後は1色だけのチャッカーを狙ってメダルを投入するより。
ばらけてメダルをストックを貯めていたほうが、Dがでやすかったり。
やめようと思って、貯めていたストックでスロットを眺めていたらDが揃ったりすることもありました。

 

前者はしょうがないと思います。
いろいろな色のストックが溜まっているのなら、Dのリーチが来ても同色ストックを大量に貯めることは困難です。

 

でも、もしやめようとして残り少しのストックのところでDのリーチが来たのなら。
そこから同色ストックを大量に貯めるチャンスがあります。
ただ時間的にはそれほど長くないので、メダルを垂れ流しても赤チャッカーや黄色チャッカーに大量にメダルを入れるのは難しいんですが…。
青チャッカー(真ん中)でのリーチだとどうしてもそのとなりにも入りがちですし。

 

 

Dが揃うことは、背景がレインボーになったときにDに変わる可能性が高いです。
このときは同色チャッカーを貯めるチャンスです。
Dがでなかったとしても、同色チャッカーを揃えれば青数字でも+10枚ですからね。
背景がレインボーのときは、大チャンスです。
いままでのプレイでは、背景レインボーからスロットが外れたことはないような…。
背景レインボーで青数字はたくさんありますが、スロットが外れたことはないと思います。

 

 

もしいきなりDのリーチになった場合は、ほぼDが揃うのは確定だと思います。
ただ、そのパターンは演出なし(真ん中もそのままD)でDが揃うパターンになるかと思います。
なのでいきなりどこからともなく両隣にDがでてきてリーチになったときは、ストックをためるのはかなり難しいと思ったほうがいいです。

 

 

あまり見かけないレア演出からのDの場合は。
これもレインボーと同じく、ややチャンスだと思いますが…。
発生回数がそんなに多くないので、あまり期待しないほうがいいと思います。

 

 

Dの揃うパターンは、背景がレインボーからの青や赤数字が揃ったと思ったら。
そこからDに変わるパターンが多いと思います。

 

踏みつけリーチで、赤数字まで変わったら、そこからDに変わるケースもありますね。
そういう意味でも、踏みつけリーチはストックを溜める時間も長いので、一番熱い演出だと思います。

 

通常時でも踏みつけリーチが来たら激熱ってことです!
たいていが1回目ではずれになりますけど。
1回目の踏みつけでスロットが揃えば、ほぼ確実に2回目の踏みつけ演出がありますから。
踏みつけリーチだけは、スロットが揃ったのを確認してからメダルを投入してストックを溜めても、どうにかなったりすることも多いです。

 

 

 

 

 

VポケットとVゲージ

ダイノキングビクトリーは、横穴の他にVポケットという横穴仕様のものがあります。
右と左、横穴のもうちょっと手前(プレイヤー側)に合計2つ設置されて、くるくる回っています。
そこにメダルが入ると、少しVゲージが溜まり、このVゲージが溜まるとVチャンスからのVモードに発展します。

 

 

ダイノキング2かな。
それは中央に1つ大きな穴があって、そこに入るとメダルが戻ってきていましたが。
ダイノキングビクトリーのVポケットは、メダルが戻ってこないので、そこは注意です。

 

おそらくダイノキング2や3をやっていた人たちは、このダイノキングビクトリーのVポケットがメダルが戻ってこないのが不満だと思います。
自分も初期はそうでした。

 

 

でも、ダイノキングビクトリーのVポケットはVゲージを貯める役割をしています。
ダイノキングビクトリーはVゲームが重要な要素になっているので、Vポケットは他のゲームの横穴よりはかなりマシな印象です。
ダイノキングビクトリーにも当然横穴はありますけどね…。

 

 

 

コンティニューがメダルか100円かで大きく変わる

このダイノキングビクトリーはところどころでゲーム失敗になりますが、そこでコンティニューができる仕様になっています。

 

そのコンティニューに必要なのが

  • 100円
  • 一定数のメダル

このどちらかに店側が設定できるようです。

 

もし100円タイプならば、かなり厳しいように感じます。
逆に一定数のメダル(15枚〜20枚ぐらい)に設定されているのなら、それは良心的な店だと思います。

 

もちろん、メダルでコンティニューできるところでのプレイを推奨します。

 

 

 

 

ダイノキングビクトリーのVゲージが大事

ダイノキングビクトリーでチェックすべきところ。
やっぱり1番は
【画面右側のVゲージの量】
これだと思います。

 

JPの卵の数や、もう少しで7個揃いそうなものをやりたいところですが。
そういうのはほとんどないですし、卵が落ちそうで落ちないパターンもあるし。
JPルーレットはJPがあたる以外はそれほど増えないので、Vゲームを貯めてのVチャンスからのVモードでのスロット揃いを狙います。

 

 

Vゲームが溜まっているというのは、考えてみると
【メダルがそれなりに横穴に入った状態】
とも考えられるので、それほど悪い台な可能性も低いと思います。

 

またVゲージがまったくの0…。
いわゆるまったく溜まっていない、一番下の状態。
これは基本やらないほうが無難ですが、VチャンスやVモードをやらずにやめたとも考えられるので。
案外通常モードでスロットが揃う可能性も低くないと思います。

 

中途半端に2割3割ぐらいVゲージが溜まっている台よりも、まったく溜まっていない台のほうがスロットが揃いやすい気がします。
たまたまかな。

 

 

もちろん、スロットが揃ってもVゲージが溜まり切るほどの当たりが続くとは考えにくいので。
そういう台はスロットが揃ったら、メダルがある程度増えたところでやめるべきですし。
スロットが揃わなかったら、すぐにやめる決断をすべきです。

 

 

 

 

 

卵を7つ落とした後のゲーム

ダイノキングビクトリーで卵を7つ落としたら、まずは3つのゲーム+?のルーレットになります。

  • ティラノサウルス⇒チャッカーに一定数のメダルを入れるゲーム
  • モササウルス⇒指定されたチャッカーにメダルを入れるゲーム
  • ブラキオサウルス⇒一定数のメダルを投入するゲーム

このどれかになります。
?はいったことがありません。(噂では、直接JP(GJP?)ルーレット)

 

 

【ティラノサウルスゲームのコツ】
メダルが一定数あれば、ほぼクリアーできます。
余裕があるのなら、チャッカーのランプが2つ消えているときはメダルの投入は控えたいところです。

 

他のゲームと比べてメダルが減りやすいです。
個人的には一番のはずれ。
ただ失敗したことはいままで一度もありません。

 

どうも、チャッカーに入るとWINメダル3枚ゲット。
合計20回ほど入るとクリアーで、払い出しメダルは60枚といったところです。

 

 

 

 

【モササウルスゲームのコツ】
プッシャーが止まり、一度にボーナスメダルが10枚(設定で変わる?)投入されます。
そのメダルが指定されたチャッカー(〇)に5回入ればクリアーです。
1回はいるごとに、×の数が1つずつ増えていきます。

 

一度に10枚ずつボーナスメダルがでてくるので、プレイヤーはレバー(スティック)でメダルのでてくる場所を動かせばいいことになります。
どこのチャッカーにも入らなかったら、再び10枚でてくるので問題ないです。

 

メダルが変な動き(タイミングが悪くチャッカーに入る)をしなければ、最低でも50枚はボーナスメダルが出ることになります。
メダルは1枚も投入する必要がないので、メダルが少ない人にとってはありがたいゲームです。

 

 

基本7割8割成功する感じですが、失敗したときはコンティニューすればほぼクリアーできるはずです。
コンティニューした後、すぐに〇に入るとちょっと損した気分になります。
1回につき10枚のボーナスメダルがもらえるので、少し失敗したほうがお得感がありますが。
運が悪いと、失敗の連続になるので、さっさと〇に入れたほうがいいです。

 

 

1回ごとに10枚のメダルが払いだされるので。
一度のゲームで払い出しメダルは50枚〜80枚ほどになります。

 

ティラノサウルスゲームも払い出しメダルは60枚程度なので、似たようなものなんですが。
こちらはメダルを投入しなくてもゲームができるので、メダルが増える可能性はこちらのほうが圧倒的に高いです。

 

ただゲームに失敗して、コンティニューをさせられる可能性もあります。
コンティニューが100円の場合は、ティラノサウルスのほうがいいでしょうね。

 

 

 

 

【ブラキオサウルスゲームのコツ】
メダルを投入すればいいだけなのですが、一定時間で
「メダルを入れるな」
の画面になるので、コンティニュー必至なゲームです。
コンティニューが100円タイプのところはきつい。

 

 

メダルを投入すると、WINメダル(ボーナスメダル)が3枚ほどもらえるので、メダルを投入していればどんどんメダルがでてきます。
メダルはクレジットメダルではなく、手で入れるメダルが計算されるので、それを知っていないと混乱するかもしれません。

 

個人的には一番メダルが増えやすいですが、一番コンティニューをしているゲームでもあります。
メダルでコンティニューできるのならいいと思いますが、もし100円でコンティニューするのなら、一番忙しいゲームになるかと思います。

 

 

「メダルを入れるな」
の画面は、プッシャーが3回〜4回ほどいったりきたりした後にでるので。
数をこなしていると
「そろそろメダルを入れるなの画面がくるな」
とわかってくると思います。

 

 

またメダルを入れると、WINメダルがでてくるのでメダルは減りにくいですが。
一定数のメダルがないときつくなると思われるので、卵が7つ揃いそうで手元にメダルが少ないときは
このブラキオサウルスのゲームがきたときを考えてメダルを補充しておいたほうがいいと思います。

 

100枚ほどメダルがあれば十分だと思います。
50枚でもなんとかなると思いますが。
30枚ぐらいだと、かなり忙しくなりそうなので…。
ボールを7つ落ちそうなときには、50枚〜100枚ぐらいは手元にメダルがあったほうがいいと思います。

 

 

メダルを1枚入れるごとにWINメダルが2枚設定だと思われます。
同時に1枚入れるごとに、2m進むものかと…。

 

そうなると、大体250m進むことでクリアーになるので、合計500枚ほど払い出しがあるってこと!?
うそーん。

 

 

「メダルを入れるな」の状態でメダルを入れれば、戻されますから。
もっと払い出しメダルを増やすことも可能です。

 

 

理屈的には、払い出しメダルが大量な上。
実際こちらも100枚以上メダルを入れることになるわけですから。
フィールドに600枚ぐらいのメダルが投入されることになります。

 

たしかにこのブラキオサウルスゲームの後はVゲージが大量に溜まっていたりしますけど。
メダルがそこまで増えるのかというと、大量に増えるイメージがそんなにないので…。
なんでなんだろ。

 

 

スロットで300枚ぐらいあたれば、50枚〜120枚ぐらいは増えると思うので…。
600枚枚がフィールドにでれば、100枚〜240枚ほど返ってくるわけで。
実際使うメダルが100枚〜150枚と考えると

  • 多いときで150枚ほど
  • 少ないときでプラスマイナス0

こんな感じなのかもしれません。

 

考え方を変えると、このブラキオサウルスゲームをクリアーしたのにメダルが減ったのなら。
フィールドの状態がかなり厳しい設定になっていると思われるので、今後はそのサテライトではプレイしないほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

 

考え方

とにもかくにも、メダルが必要な大型プッシャー機です。
スロットのあたりが同色ストックもあたりになるので爆発力があります。
でも、その爆発を体験するためにはそれなりのメダル量が必要となります。

 

なので、プレイするのなら最低でも100枚はメダルがほしいところです。
200枚でも足りないことが多々あります。
300枚でダメだったら、それは回収期だったと諦めたほうがいいかと思います。

 

 

メダルゲームは結局回収期と放出期。
それがあーだこーだになります。

 

となると、人気機種は回収期と放出期が多くやってくる一方で。
人気が薄い機種は、回収期と放出気が鈍くなるわけです。

 

このダイノキングビクトリーの人気がどうなのかというと。
かなり人気が薄い気がします。

 

 

いや、人気が薄いというより、すごい勢いでメダルがなくなるので。
長時間プレイしていられない機体なんだと思います。

 

そしてそれなりのミニゲームや、やや癖のあるスロット入賞(ストック色システム)。
こういうところから高齢者は敬遠がちで、ダイノキング2のほうが人気があったように感じます。
まぁダイノキング2がなぜか根強い人気がある(長時間プレイできるゲーム?)だけかもしれませんが…。

 

 

ダイノキングビクトリーのことを知っても、結局回収期ならメダルは減ります。
JPルーレットはアナログ抽選ですから、たしかにJPのところで止まってくれればメダルが増えると思いますが。
基本スロットで増やすタイプのメダルゲームだと思うので、スロットはデジタルなわけで運しだいとなってきます。

 

ただ運しだいといっても、Vゲージはある意味、横穴に入ったメダルの量とも考えられるので。
Vゲージがたくさんあるサテライトでダメだったら、それは諦めるしかないと思います。
機体もいじわるで、回収期のVチャンスやVモードが終わった後に放出期になったりするパターンもあるかも?

 

 

どちらかというとかなり素直な機体の印象で、Vゲージがたまったところからの

  • Vチャンス
  • Vモード

ここで放出期なら普通に当たります。
なので、Vゲージをチェックしつつ、VチャンスやVモードが終わったら終了というパターンになると思います。

 

 

問題なのが、卵を7つ落としたら発生するゲーム&JPルーレット。
個人的にはこの卵7つ落とすというのは、かなりメダルが必要になるので…。
卵が6つ落としていたとしても、後1つがそれなりに距離があるのなら諦めたほうが無難かと思います。

 

ティラノサウルスゲームと、JPルーレットでの50枚。
それを考えると、合計しても払いだされるメダルは約100枚程度になるわけで。
下手したらティラノサウルスゲームで使ったメダルで、結果メダルが減って終わる可能性もありえます。

 

 

卵を7つ落としたわりに、見返りがややしょぼい気がするので。
卵7つ落とすことは、おまけ程度に考えたほうがいいと思います。
おそらくここらへんで、メダルを消費してしまう人が多い気がします。
一度卵を落とそうとしたら、落とすまで引き返せなくなりますからね…。

 

 

やめどきさえ気をつければ、日にちをかけて深追いせずプレイしていればプラスになる可能性が高い機体だと思います。
でも回収期で、Vゲージや卵7つにこだわっていると、簡単に500枚ぐらい減りますから。
ダメだとおもったら、すぐに切り上げる必要があると思います。

 

最近のメダルゲームはだらだらと長時間プレイになってしまう機体が多いですが。
このダイノキングビクトリーは短時間プレイが基本になってくると思います。

 

 

VチャンスもVモードも、卵を7つ落としてのゲームもモササウルス以外の2つはメダルを必要としますから。
メダルがそれなりにないとお話にならないゲームな気がします。
特にスロットでリーチになったときに、同色チャッカーに入れるためのメダル…。
これがないと厳しいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ